車の所有権について

MENU

所有権についてのトラブル

車検証の所有者欄には、車を所有している方の氏名が記載されています。
ほとんどの場合、車を購入した本人の氏名が記載されていると思います。
けれど、車の購入にローンを利用した場合は、車の販売代理店やローン会社の名称が所有者として記載されています。
ユーザーが車を売却する時には、所有権の欄にユーザーの氏名が記載されている必要があります。
ユーザーの氏名以外の氏名や名称が記載されている場合は、所有権解除の手続きをおこなう必要があります。

 

所有権解除の手続きと、その際に起こり得るトラブルについてご紹介します。

 

車の所有者が分かっている場合

車の所有者が分かっている場合は、車検証に記載の所有者に連絡をし、所有権解除の手続きを依頼する必要があります。
この時、ローンが残っている場合は、返済する必要がありますので、完済方法については、ローン会社などとご相談ください。
※「車検証の説明」ページに、一般的な解除方法をご紹介しています。

 

車の所有者と連絡が取れない場合

企業の倒産などにより車の所有者と連絡が取れなくなっている場合は、所有者または管財人を探し出し、印鑑証明、委任状など、名義変更に必要な書類の提出を依頼する必要があります。
こういったトラブルに巻き込まれた時は、厄介な手続きに慣れている専門家に任せる事も解決法として考えられます。
買取ショップ、車の名義変更を代行している行政書士などへご相談される事をお奨めします。

 

ご注意

 

※名義変更の際にトラブルに巻き込まれた場合は、それぞれの事例により、対処法が異りますので、お困りの場合は、専門家にご相談される事をお奨めします。