車の売買契約についての注意点

MENU

売買契約の解除についてのトラブル

車の売却にはトラブルがつきものです。
売買契約の成立後に、買取業者から、解除の連絡を受ける場合もあります。
そんなトラブルに巻き込まれた場合の対処法をご紹介します。

 

契約解除のトラブルが起きる原因

 

非常に珍しいケースになりますが、車の引渡し後に「走行メーターの撒き戻し」「事故の修理歴の申告漏れ」などが発覚したという事で、買取業者から、売買契約の解除の連絡を受ける事があります。

 

トラブル発生時の対処法

 

契約解除とされる要因を、ユーザー把握している場合は、誠実に認める以外にありません。ユーザーの過失と買取業者側の査定時の過失について、充分に話し合われる必要があります。

 

そして、契約解除とされる要因について、ユーザー把握していない場合は、買取業者に証拠書類の提出を求めてください。
この場合、過去に中古車を購入した販売店による過失があったと、考える事ができます。買取業者から提出された証拠書類を元に、販売店に問い合わせる必要があります。

 

万が一、買取業者から証拠書類の提出が難しいと言われた場合は、ユーザーは、契約解除に応じる必要はありません。
証拠書類が必要だという姿勢を崩さずに対応してください。

 

ご注意

売却後の契約解除などのトラブルに巻き込まれた場合は、それぞれの事例により、対処法が異りますので、お困りの場合は、専門家にご相談される事をお奨めします。