車を査定する時のチェック項目について

MENU

車査定でチェックされる項目

車の売却には、必ず査定が必要となります。
まず、

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離

によって、大まかな相場が決められます。
その他の査定項目をあらかじめ把握しておき、日頃からメンテナンスをしておく事で、査定額が上がる可能性もあるのです。
その他の細かな査定項目については、下記に一部を紹介いたします。

 

外装のチェック項目

  • ボディの汚れやヘコミ、キズ
  • 車体の色
  • エアロパーツなどによるボディの装飾
  • ドア、ウィンドウ、サンルーフの動作確認
  • ヘッドライト、テールランプの状態

などが外装のチェック項目となります。
この中でも、車体の色は、重要なチェック項目となっています。

 

内装のチェック項目

  • 車内の全体のヨゴレや臭い、キズ
  • エアコン、オーディオ、カーナビなどの状態

などが内装のチェック項目となります。
査定士の方は、外装よりも内装の状態を重要視されているそうです。というのも、内装にヨゴレやキズがあると、部品を交換する必要が発生するからです。
部品の交換には時間や費用を要する事になるので、商品価値が落ちてしまうのです。

 

売却時の査定を考慮し、普段から車の使用には気を配っておきたいものです。

 

エンジンなどのチェック項目

  • エンジンまたはエンジンオイルの状態
  • バッテリーの状態
  • 車体番号
  • 改造・修理の有無

などがエンジンなどのチェック項目となります。
日頃からオイル交換を小まめに行うなどの点検をこまめ行っている事が重要となります。

 

シャーシ(車台)のチェック項目

  • フレームの修理歴の有無
  • タイヤ、ホイールの状態
  • 各部分のヘコミやキズ
  • 不具合箇所の発見の為のオイルの漏れやにじみ点検

などがシャーシ(車台)のチェック項目となります。

 

プロの査定士に”ごまかし”は通用ません。

査定にマイナスとなるキズや汚れや事故歴などは、プロの査定士を相手に隠せるものではありません。
下手に隠そうとする姿勢を見せてしまうと、余計にチェックの目が厳しくなる事が考えられます。
査定をスムーズに終わらせる為には、あらかじめキズや汚れ、事故歴などを正直に申告する事をお奨めします。