スズキ ワゴンRを査定をするなら車高価買取で

MENU

スズキ自動車が販売しているワゴンRの歴史

スズキ ワゴンRは、軽自動車の室内の狭さという弱点に対し、高さを確保することによって解決し、1993年に発売した軽トールワゴンです。
足の窮屈さが少なくなり、視点も高くなることで消費者に開放感を与えたこともあり、軽自動車市場では圧倒的なシェアを確保していました。
現在の車種は、2012年に発売された5代目で、ENE-CHARGEなど、低燃費化や軽量化技術などスズキの技術が盛り込まれた車種でもあります。

 

ダイハツ タントやスズキ ハスラーなどの人気車種が市場に出たこともあり、最近の市場では苦戦しています。
このような状況ですので、スズキ ワゴンRの中古車市場においても人気度が落ちてきていますので、価格の値崩れが起きる可能性があります。

 

その場合でも、皆さんがスズキ ワゴンRを売る際には、できるだけ高く売りたいと思います。

スズキ ワゴンRを売る時の査定額をアップする方法

では、どのようなプロセスを組むと、より高い金額で売ることができるのでしょうか。

 

@.まずは、必ず、以下のようなインターネット上にある複数の一括査定サイトで査定依頼を行ってください。
近くの下取り業者やディーラーに持って行っては、確実に高く売れません。

 

・「かんたん車査定ガイド」(日本自動車流通研究会加盟の優良企業が多い)
・「カーセンサー.net簡単ネット査定」(地域密着型)
・「ズバット車買取比較」(事故車、水没車の査定も可能)

 

A.次に必要なのは、中古車市場での売値です。
中古車市場の売値と買取金額には、業者の利益を加味すると、確実に比例関係にあります。
ここから、およそどの位の値段で売れるかを把握できる可能性がありますので、一度ご確認ください。

 

B.@、Aで情報を集めたところで、実際の査定を数社にしてもらい、業者を競争させることと交渉力により、より高い値段で売れることになります。

 

多少、時間と手間はかかりますが、場合によっては、売却額に数十万円の差がでますので、メリットは大きいと思います。がんばりましょう。