ダイハツ タントを査定をするなら車高価買取で

MENU

ダイハツ自動車が販売しているタントの歴史

ダイハツ タントは、イタリア語の「とても、たくさんの」というタントをいう単語から来ていることからもわかるように、同社のムーヴよりもキャビンが広い軽トールワゴンです。
2003年に初代が発売され、途中派生モデルである「タントカスタム」が追加され、現車種は2013年にフルモデルチェンジされたものが販売されています。
この広い軽トールワゴンとリッター28キロという低燃費が消費者から支持され、新車販売台数でNo.1をとったこともある車種です。
テレビCMで、新米パパとママの子育て奮闘記シリーズを放映していることも、消費者から好印象を受けているものと思います。

ダイハツ タントを売る時の査定額をアップする方法

さて、そのファミリー人気が高いタントですが、2017年のフルモデルチェンジが予想されています。
フルモデルチェンジが予想されているということは、新型タントが出ると、中古車市場にも影響が出ますし、結果的に、タントを売る時の査定額にも影響がでる可能性が高いです。

 

では、そのタントをより高い値段で査定してもらうための攻略法を述べていきたいと思います。
皆さんは下取り業者やお付き合いのあるディーラーに下取りをお願いしてはいけません。
確実に最高値ではありません。

 

皆さんが行うべきことは、必ず、以下のようなインターネット上にある複数の一括査定サイトで査定依頼を行ってください。

 

・「かんたん車査定ガイド」(日本自動車流通研究会加盟の優良企業が多い)
・「カーセンサー.net簡単ネット査定」(地域密着型)
・「ズバット車買取比較」(事故車、水没車の査定も可能)

 

この複数の一括査定依頼により、インターネット上で常に価格競争をしている業者間で競争を生み、一般的により高い値段で売ることができるのです。
また、査定の際にも、複数の業者に依頼していますので、みなさんの交渉力次第ではありますが、更なる価格競争をさせることができます。