日産 セレナを査定をするなら車高価買取で

MENU

日産自動車が販売しているセレナの歴史

日産 セレナは、ホンダのステップワゴンやトヨタのヴォクシーと競合関係にある日産自動車のミニバンで、1991年に「バネットセレナ」として販売されました。
初代は、C22型バネットコーチのフルモデルチェンジ版である。
初代発売後、2代目が出るまでは、約10年の月日が流れていますが、2代目以降は5-6年に一度フルモデルチェンジが行われています。
現在の車種は、2016年8月に発売された5代目C27型で、日産のデザインの象徴である「Vモーション」、「フローティングルーフ」を採用し、また、運転支援技術の先駆けである、単一車線運転支援技術「プロパイロット」を搭載している話題の車種です。

日産 セレナを売る時の査定額をアップする方法

さて、日産 セレナを売却する時の査定額アップについて、ここからお話ししていきたいと思います。

 

日産 セレナは、ミニバンとしては、常に1-2位の人気車種ですが、特に地方にお住いのお子さんがいる家族が買う傾向が高く、中古車市場に出回る台数も多い傾向にあります。
そのため、セレナは、高値で買い取りされにくい車種になっています。

 

それでは、どのように高値で買い取りしてもらうのが良いのでしょうか。
付き合いの長いご自宅の近くのディーラーの下取りや中古車販売店への売却でしょうか?
必ずしもそうとは限りません。

 

まずは、他の車種同様、インターネット上にある、一括査定サイトから見積もり依頼を行います。
できれば、以下のような複数の一括査定サイトに依頼するのが好ましいと思います。

 

・「かんたん車査定ガイド」(日本自動車流通研究会加盟の優良企業が多い)
・「カーセンサー.net簡単ネット査定」(地域密着型)
・「ズバット車買取比較」(事故車、水没車の査定も可能)

 

詳しくは、「おススメ!車売却査定ランキング」をご覧ください。

日産 セレナを売却する時期はいつがよい?

冒頭で述べた通り、セレナは、5代目C27型で単一車線運転支援技術を導入されました。
世間では、自動運転と誤解をしているようですが、この単一車線運転支援技術は、高速道路で実力を発揮するそうです。
渋滞中であっても、渋滞でなくても一定の車間距離を取って、運転できる技術は、日産ファンやセレナファンも飛びつく可能性はあります。
つまり、旧型のセレナを手放し、新型セレナを買う家族が増える可能性が高いです。

 

そのような状況になると、買取価格は大幅に下がる可能性があります。
2016年秋まで、遅くとも2017年冬までが旧型セレナを売るタイミングかもしれません。