トヨタ プリウスを査定をするなら車高価買取で

MENU

トヨタ自動車が販売しているプリウスの歴史

査定額をアップする方法をご説明する前に、トヨタ自動車が販売しているプリウスの歴史について簡単に述べたいと思います。

 

歴史は意外に長く、1995年11月の第31回東京モーターショーで発表され、1997年に世界初の量産型ハイブリッド自動車として発売されました(ハイブリッドの意味は、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせていることを指します)。
現在は、90か国以上の国と地域に「プリウス(PRIUS)」というブランドで販売されています。
市場では、現在、4代目の販売が行われております。

トヨタ プリウスを売る時の査定額をアップする方法

さて、ここからはトヨタ プリウスを売却する時の査定額アップについて述べていきたいと思います。

 

@安易に判断しない

他の車種同様、安易に自宅近くのディーラーや中古車買取店に持ち込まない、新車購入の際の下取りにださないということです。
走行距離やメンテナンス状況にもより異なりますが、多少の手間を惜しまず、しっかりとした知識を持ち、適切な買取店に売却することで、平均で10万円くらいの差額がでます。

 

A複数の車売却一括査定サイトで見積もり依頼を行う

当サイトでもおすすめしている、車売却時に一括査定をおこなってくれる以下のサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

・「かんたん車査定ガイド」(日本自動車流通研究会加盟の優良企業が多い)
・「カーセンサー.net簡単ネット査定」(地域密着型)
・「ズバット車買取比較」(事故車、水没車の査定も可能)

 

詳しくは、「おススメ!車売却査定ランキング」をご覧ください。

 

また、最近注目されている「Ucar査定」というサイトでは、ガソリンスタンドで1回の査定を受けるだけで、査定結果がすべてデータ化され、年式や走行距離だけでなく、電子制御診断表なども「UcarPAC品質評価情報」として管理されます。

 

査定には30分程かかりますが、適切な査定が行われるので、買取額も適正に近づきます。

 

B新型プリウスが出る場合は、その前に売却する

量産型ハイブリッド自動車として人気のプリウスは、今では、日常でどこでも見られるようになりました。
そのため、中古市場では、かなりの値崩れを起こしているそうです。また、4代目の発売の際には、旧型のプリウスの値崩れは大きく、相場が50万円程、落ちたそうです。
今後もプリウスを売る際には、特にモデルチェンジの情報にも注意し、売却する必要がありそうです。

 

 

以上、3点が主にプリウスを売る時の査定額をアップする方法となります。