車売却査定をするなら高価買取で

MENU

車売却時に必要な書類等

車を売却する際に必要な書類を紹介します。

 

車を買い換える場合は、今まで乗っていた愛車を手放すことになります。
手放すということは売却するということがほとんどでしょう。
その多くの場合は、下取り業者や中古車販売店、カーディーラーに売却することになると思います。

 

その売却時に、必要な書類、揃えておいた方がよいものなど、まとめて紹介します。

 

小型乗用車、普通乗用車を売却する場合。

 

■自動車検査証(車検証)
車検をきちんと受けているかの証明書。
万が一失くした場合は、運輸局で再交付してもらいましょう。

 

■自賠責保険証明書
車に乗っているのであれば、誰しも必ず加入している保険です。

 

■自動車税納税証明書
毎年5月に送付されてくる、納税通知書があるかと思います。
その下の部分がこの「自動車税納税証明書」となっております。

 

■自動車リサイクル券
「預託証明書」とも呼ばれます。
リサイクル料を支払った際に発行されるリサイクル券が必要です。
預託済みの場合のみ必要です。

 

■実印
「譲渡証明書」と「委任状」に捺印が必要になります。

 

■印鑑証明書
自治体(市町村役場)で取得できます。
発行から3ヶ月以内のものが必要です。
※車を購入する際にも必要ですので、必ずあります。

 

 

 

【 以下、車を売却する店舗で作成するもの 】

 

■委任状
販売店が本人に変わって、登録等の手続きを任せることを証明するための書類です。
実印が必要になります。

 

■譲渡証明書(譲渡証)
車を第三者に譲渡することを証明するための書類です。
実印が必要になります。

 

 

 

軽自動車を売却する場合。

 

■自動車検査証(車検証)
車検をきちんと受けているかの証明書。
万が一失くした場合は、運輸局で再交付してもらいましょう。

 

■自賠責保険証明書
車に乗っているのであれば、誰しも必ず加入している保険です。

 

■軽自動車税納税証明書
毎年5月に送付されてくる、納税通知書があるかと思います。
「軽自動車税納税証明書」は納税通知書についています。

 

■自動車リサイクル券
「預託証明書」とも呼ばれます。
リサイクル料を支払った際に発行されるリサイクル券が必要です。
預託済みの場合のみ必要です。

 

■認印
軽自動車は「認印」で大丈夫です。
「自動車検査証記入申請書」に捺印が必要になります。

 

 

 

【 以下、車を売却する店舗で作成するもの 】

 

■自動車検査証記入申請書

 

自動車検査証(車検証)の記載事項に変更があった場合に行う手続きです。
車の使用者の住所、氏名等の変更がこれにあたります。

 

 

 

用意しておくと査定額がプラスになる(かも?)なもの。

 

■取り扱い説明書
■スペアキー
■備手帳
■取り外した純正品

 

 

今すぐ車売却の相場だけでも知りたい方は

まずは気軽な気持ちで、「おススメ!車売却査定ランキング」をご覧ください。