車売却査定をするなら高価買取で

MENU

小さなキズは車売却時の査定に影響する?

ボディーに傷がついてても大丈夫なんだって!
車売却時の査定してもらう際、目に見えるようなキズは査定に影響すると思いますか?

 

答えは、
「ハイ、影響します!」
です。

 

車の査定業者はプロ。
やはりそのあたりは見逃しません。

 

それに、誰でも思うことだと思いますが、次の車のオーナーも、いくら中古車とはいえ、やはりキズがないきれいな車に乗りたいと思います。

 

キズつきの車を引き取った査定業者は、もちろんそのキズを消す作業を行わなければなりません。
そういう後の工程を踏まえて、査定を行うので、買い取った後にコストがかかってくる可能性がある場合、査定額は低くなってしまうということです。

 

査定を受ける前に自腹で修理しておいた方が良いのでしょうか?

 

答えは、
「いいえ。自腹で修理しなくても良い。」
です。

 

車にキズがある場合でも、そのまま査定に出しましょう。

 

なぜかというと、車売却の査定前に修理に出すということは、つまり修理代は自腹になりますよね。
よほど希少価値のある車や人気のある車でなければ、その修理代をまかなえるほど査定額を引き上げることはできないでしょう。

 

つまり、きれいに修理しても、修理代に見合うような査定額の引き上げはない、ということです。

 

ではなぜキズがあるまま査定をうけることがおすすめなのでしょう?

 

査定業者は自分のところで修理工場を持っているところが多いので、個人が修理屋に出すよりも、自社工場で修理を行うので、安く修理をすることができる、ということです。

 

自腹での修理代よりも、査定業者が車を引き取ったあと修理する方が安い。

 

なので、トータル的に見ると、キズがあるまま査定してもらう方が、お得ということになります。

 

結論です。

 

キズがある車は査定額は下るけれども、査定前にわざわざ自腹で修理に出さなくても良い。
ということです。

 

なので、キズがあっても、そのまま車売却の査定をしてもらいましょう。
ただし、内装の掃除はもちろん、洗車やくらいはしておいた方が良いですよ。
キズは仕方がないですが、きれいに掃除をしてから車を売却する方が印象も変わってきます。

 

キズがあるからって、査定に億劫にならなくても良いですよ。
まずは軽い気持ちで、車売却査定をしてもらいましょう。

 

当サイトおすすめの車売却査定業者をランキングで掲載してます

まずは気軽な気持ちで、「おススメ!車売却査定ランキング」をご覧ください。