車売却査定をするなら高価買取で

MENU

車売却前は車検に出さないように

車を売却する前に車検に出すのはNGです。

 

車検の満了時期というのも、車を手放す一つのタイミングだと思います。

 

新車購入した初回は3年ですが、それ以降は2年毎に車検をうけなければなりません。
車が古くなれば、もちろんメンテナンス費、修理費が膨らんできます。
車検を受けるたびに、修理しないと車検を通せなくなることも増えてきます。

 

ですので、この車検費用、メンテナンス費、修理費を払うくらいなら、いっその事新しく車を買い換えてしまおう、という考えの方も多くいます。

 

こういう方は、ここで注意しなければ、無駄な車検費用を払わなければならなくなります。

 

それに、車売却時の査定ですが、実は車検の残り期間も査定評価の対象となります。
車検期間が長く残っていればいるほど、評価も上がるのです。

 

ですので、車を買い換えたい!
と思ったらなるべく早く査定に出しましょう。

 

ここで勘違いをしてはいけないのは、車検を長くするために車検を通してから車を売却するのはNGなのです!

 

車検期間の残りが長い方が評価が上がる、といいましたが、その車検代をまかなえるほど査定額が上がるとは言えませんし、実は査定業者は、私たちのような一般人よりも安く車検を通すことができるです。

 

査定額を上げるには、車を手放すタイミングは大切です。
だからといって、無駄な費用はかけないようにしましょう。

 

ちなみにですが、車の定期定期なメンテナンスであるオイル交換やエレメントの交換等程度であれば、査定前に行なっておくと査定額のアップにつながると言われています。

 

車を手放すのであれば、より効率よく、賢く、そしてお得にね!

 

今すぐ車売却の相場だけでも知りたい方は

まずは気軽な気持ちで、「おススメ!車売却査定ランキング」をご覧ください。