車売却査定をするなら高価買取で

MENU

車を売却するときに事故歴は言うのか?

まず、どのような状態を事故車と呼ぶのか、ご存じですか?

 

実は、査定業界に「事故車」という言葉はありません。
業界用語で事故車のことは「修復歴車」と呼びます。

 

「修復歴」というのは、車のシャーシーやフレームといった、車の骨格となる大事な部分を修理したことを指します。
ドアやバンパーをちょっと当てて凹ませたり、板金で直したくらいのことであれば、修復歴には含まれません。
イコール、事故車とは呼ばないのです。

 

それを踏まえて、「車を売却するときに事故歴を正直に言うのか?」ということです。
答えはもちろん、正直に言った方が良いです!

 

とは言え、車の査定をする人はプロです。
当然修復歴は見抜かれるでしょう。

 

ドアやバンパーをちょっと修理したくらいであれば、特に言う必要もありません。
言っても言わなくても支障はないでしょう。

 

車を売却するときに必ず言わなければならないのは、「修復歴」です。
これは重要です。

 

もしこの「修復歴」を隠して査定を行ってもらい、査定する人が見抜けなかったときに問題が起こる場合がありますので以下のような場合は気をつけてください。

 

「買取査定の場合」に故意に修復歴を隠し、査定する人も見抜けなかった時。

 

ディーラーの下取の場合は、査定する人が見抜けなかったことが悪いということになることもありますが、「買取査定の場合」は、故意に修復歴を隠していたあなたが悪い、という判断になる可能性が高いです。

 

多くの場合は、売買契約書に「故意に隠していた可能性がある場合は契約破棄する」等の文章が記載されています。
売買契約書は必ず確認しましょう。

 

何にせよ、後で修復歴がある、というのが分かったときにトラブルになります。
車を売却するときには必ず正直に打ち明けましょう。

 

今すぐ車売却の相場だけでも知りたい方は

まずは気軽な気持ちで、「おススメ!車売却査定ランキング」をご覧ください。