買い取り」と「下取り」は違うモノ

MENU

車の「下取り」と「買取り」の違いって?

お使いの車を売却する時に、「下取り」と「買取り」という二つの言葉を耳にする事になると思います。
どちらの言葉も、査定された金額で古い車を引き取って貰う。という意味で、大きな差は無いと思われている方が多いかもしれませんが、買取り額に差が出てくる場合があるのです。
よりお得に車を売却する為に、「下取り」と「買取り」のそれぞれのメリットについて、ご紹介します。

 

「下取り」のメリットって?

「下取り」は、売却する車を、新車を購入するディーラーに引き取って貰う事です。購入金額から買取額を引いた額を支払う事になります。

 

メリットとしては、

  • 価値が低い年式の車種でも、値引きの一環としてある程度の買取額を提示してくれる場合がある。
  • 納車日に車の引渡しが行われるので、代車の手配が不要になる。

などが挙げられます。

 

「買取り」のメリットって?

「買取り」とは、中古車買取専門の業者に売却者の査定を依頼し、買い取ってもらう事です。

 

メリットとしては、

  • チューニングを加えている場合でも、価値を評価される事が多い。
  • 中古車市場で人気が高い車の査定が高くなる事がある。

などが挙げられます。

 

「下取り」と「買取り」、結局どちらが得か?

一般的に中古車買取専門業者は、販売ルートを持っているので、査定額が高いと言われていますが、売却する車の条件によって条件によって、評価は異ってきます。
ディーラーと中古車買取専門業者の両方に査定を依頼した上で、比較される事をお奨めします。

 

今すぐ車売却の相場だけでも知りたい方は

まずは気軽な気持ちで、「おススメ!車売却査定ランキング」をご覧ください。